男性にも人気なヨガスクール

チャイルドケアインストラクターの受験資格について

「チャイルドケアインストラクター」は、日本アロマコーディネーター協会(JAA)が認定する民間資格の一つです。



受験資格としては、その下位資格である「チャイルドケアコーディネーター(CCC)」を取得していることが挙げられます。JAAの提唱するチャイルドケアは、アロマやハーブなどを利用したナチュラルセラピーの知識と技術を子育てに生かそうというもの。主に赤ちゃんから小学生を対象としていますが、子どもと同時にお母さんのケアも対象としています。

ベビーマッサージや東洋医学までカバーした幅広い知識で子育てを豊かに楽しくしようというものです。その基礎資格がCCCになります。



CCCを取得するには試験を受けて合格する必要があります。受験資格は特になく、年齢・性別・学歴などを問わず誰でも受験することができます。

試験のための学習は通信教育によって自宅で行うか、JAAの加盟校へ通学して学びます。

試験も在宅と会場の両方があるので、仕事や家事で忙しい人でも取得することが可能です。

CCCを取得し、マザーズクラブに会員登録すると、上位資格である「チャイルドケアインストラクター(CCI)」の受験資格が得られます。
マザーズクラブはチャイルドケアを学ぶ人同士がコミュニケーションを取ったり、さまざまな支援を受けたりすることができる組織です。


通信講座を受講する場合は受講開始と同時に自動的に登録され、1年間は会費が無料、その後は有料更新が必要となります。通学する場合はCCCの資格取得後に登録をして入会します。



CCCの段階では主に自宅での子育てや公民館・保育園などでのボランティア活動などがメイン。あるいは産婦人科でお母さん方のメンタルサポートを行ったり、地域のサークル活動に参加するといった活動方法もあります。
講師としての活動もできますが、人に教える仕事をメインにしたい場合はやはり上位資格のCCIを取得した方が有利です。



CCCは子育て中のお母さんや保育士・幼稚園教諭・看護師の方などが自分の子育てや仕事に役立てるために取得するのに向いた資格といえるでしょう。



CCIを取得するためには通信講座で学び、在宅試験を受けて合格する必要があります。
こちらは通学・会場受験はありません。

決められたテキストを熟読した後、レポートを提出。

受理されると折り返し筆記試験の問題が送られてくるので1か月以内に回答してJAAに返送します。



合格すればCCI資格取得となり、認定証が送られてきます。CCIを取得するとインストラクターとしての独立開業が可能となり、自分でスクールを開いて運営することができるようになります。



JAAに申請を出し、認定されると「認定加盟校」としてスクールを開設することができ、社会的な信頼も高まります。

認定加盟校となるためにはMC会員(有料)となる必要があり、年1回東京で開催される指導者講習会に出席する必要もあります。



子育てに悩むお母さんを応援したい、アロマやハーブに興味がありその知識と技術を活かした新しい子育て方法を広めたい、という方にとってはぜひ取得しておきたい資格といえるでしょう。

    関連リンク

    • Javaは学校以外でも勉強すべし

      プログラミングを勉強する際、数ある言語の中でも特に勉強すべきものはJavaになります。大学や専門学校でのプログラミングの授業では、必ずJavaを扱う内容が含まれているほど当たり前であり、重要な言語です。...

      detail
    • パソコンの初心者はどう臨めばよいか

      パソコンの初心者にとってはわからないことだらけで一面不安も多いものです。ウィルスに侵入される恐れはありますがちゃんとセキュリティソフトをインストールしておくと爆発などする恐れはないので一応安心できます。...

      detail