男性にも人気なヨガスクール

男性にも人気なヨガスクール

自分の外側ではなく内面に意識を向け、深い呼吸をしながらポーズを行っていくヨガ。


ヨガには、体を理想的に整えるだけではなく、精神的にも落ち着きを得られるという利点があります。
ヨガスクールでは、対象レベルもヨガの種類も、色々なレッスンが準備されています。初心者の方をはじめ、体が硬いという方でも安心して参加できるようなレッスンが組まれている場合が多くなっています。

ヨガと聞くと、「体が柔らかい人がやるもの」というイメージを持つ方が多いですが、実際には柔軟性はそれほど重要ではありません。


ヨガを行う上で大切になるのは、自分の体と心の「声」によく耳を傾けることです。

体が硬い方のほうが、ポーズが簡単にできてしまわない分、自分の内側の変化に敏感に気付くこともあります。
一歩ずつ進んでいくうちに、自然に柔軟性も高まっていきます。「ヨガは女性がするもの」と思われる傾向がありますが、ヨガの歴史を辿ると、そもそも男性が行っていました。


現在も、インドあるいは欧米では、男の人がヨガを行う風景が当然のこととして認識されています。


ヨガスクールのレッスン中は、周りではなく自分自身に意識を集中しますので、慣れてくれば周囲のことも気にならないようになります。


近年は、男性更衣室を完備しているヨガスクールもあり、メンズ向けのレッスンも開催されています。近年になり、メンズ限定のヨガクラスも増え、男女を問わずにヨガが広がっています。

2015年には、国連が6月21日を「国際ヨガの日」に指定したこともあって、メンズヨガ人口が一層増えるものと予想されます。


また、メンズ限定クラスを受講した方で、満足感を得ている人の数も多くなっています。

こうしたヨガの人気から、現在ではランチタイムにヨガができる着替え不要のレッスンなども登場しています。こうしたクラスは、ビジネスパーソンに人気になっています。

アーティスト、ビジネスのリーダーなど、幅広い分野でヨガを日常の習慣にしている著名人が増えています。

さらに、アメリカのウォール街では、世界的企業が自社の社員に瞑想の指導を行うケースもあります。

能力を開発したり、ホリスティックに健康を増進させるツールとして、ヨガの瞑想を取り入れる社会人が多くなっています。


日本においても、国内企業や団体にインストラクターを派遣して、出張クラスを展開するヨガスクールも誕生しています。

また、メンズ限定のクラスなら、「苦手なポーズがあっても周りが男性だけなので安心する」という声や、「ヨガに集中できる」といった声もあがっています。そして、ヨガは減量にも一役買ってくれます。


食事にも気を遣いながら週3回から4回程度、週1回ペースでスクールに通い、1ヶ月で5kgの減量に成功したケースもあります。


ヨガをすると姿勢もよくなりますし、仕事帰りにヨガスクールに参加することで、時間を上手に使えるようになった、という方もいらっしゃいます。


スクールのレッスンによっては、メンズ限定ではなく男女が一緒に参加するレッスンもあり、女性が多い場合もあります。
しかし、参加者は基本的に自分と向き合ってヨガをしています。視線などに配慮しながら、自分自身がヨガに集中して一つ一つの動作を行っていれば、それほど周りを気にする必要はないでしょう。

















    関連リンク

    • パソコンの初心者はどう臨めばよいか

      パソコンの初心者にとってはわからないことだらけで一面不安も多いものです。ウィルスに侵入される恐れはありますがちゃんとセキュリティソフトをインストールしておくと爆発などする恐れはないので一応安心できます。...

      detail
    • チャイルドケアインストラクターの受験資格について

      「チャイルドケアインストラクター」は、日本アロマコーディネーター協会(JAA)が認定する民間資格の一つです。受験資格としては、その下位資格である「チャイルドケアコーディネーター(CCC)」を取得していることが挙げられます。...

      detail